結婚 幸せな新生活をサポート!

結婚 幸せな新生活をサポート!

※住宅金融支援機構「2017年度フラット35利用者調査報告」

《主な諸費用》

項目 金額 備考
印紙代 20,200 金銭消費貸借契約証書、特約書
登録免許税 45,000 抵当権設定(1.5/1,000)
司法書士
手数料
100,000 司法書士に支払う手数料
ローン
保証料
500,000 保証会社に支払う保証料
(保証料率0.15%の場合)
融資取扱
手数料
10,000
(消費税別)
借入先により金額が異なる
約675,000  

※借入金額3,000万円、借入期間35年の内容で新規申込した場合の概算

所定の条件を満たす場合、
お借入れいただいてからの
当初固定期間について、
通常より引き下げた金利が
適用されるプラン
です。

当初固定期間終了後も、
固定金利を選択される都度、
お借入れの全期間にわたり、
その時点の店頭金利から
金利を引き下げます。

返済額の試算はこちら

ご不明な点があれば
何でもご相談ください!

ケース1

ケース1

住宅ローンを借入れた方が住宅ローンの返済期間中に亡くなられた場合や、所定の後遺障害となった場合に、住宅ローンの残金が共済金で返済されるため、遺族にローンの負担を残さず、住宅は家族にそのまま残すことができる仕組みです。なお、掛金をJAが負担しており、借入者の負担はありません。

借入者が「がん」、「急性心筋梗塞」、「脳卒中」により所定の状態と診断された場合に、住宅ローンが全額返済される「三大疾病保障特約付団信」を付加できる「サポート3」という商品もございます。

※国土交通省 住宅局「平成29年度 住宅市場動向調査 報告書」

○費用は設置する機器や施工業者によって異なります。また、工事が始まった段階で、床下や壁の中が腐っていて思わぬ追加工事が必要な場合もあるため、慎重な見積もりと余裕を持ったプランが理想です。

住宅の増改築・改装・補修資金など、
理想の住まいを実現するための
リフォームを応援します。
すでにお借入中のリフォーム資金の
借換も可能です。

ご不明な点があれば
何でもご相談ください!

インターネット申し込みはコチラ※20歳以上の方がご利用いただけます。