ご注意ください

「スパイウェア」による不正な取引にご注意ください

JAネットバンクをご利用のお客様への重要なお知らせ

「スパイウェア」による不正な取引にご注意ください

最近、一部の金融機関において「スパイウェア」と呼ばれるソフトを使用して、お客様のパソコンからインターネットバンキングのIDやパスワードを不正に取得し、お客様の預金口座から身に覚えのない振込(出金)がなされるといった被害が発生しています。
また、最近新たに、金融機関名で送られてきたCD-ROMをパソコンにインストールしたところ、預金口座から身に覚えのない出金がなされるといった被害も発生しております。JAバンクでは、CD-ROMでソフトウェアをお送りするようなことは一切行なっておりません。
こうした「スパイウェア」による被害を防ぐため、JAネットバンクを利用いただく場合には、下記の事項について十分にご注意願います。

「スパイウェア」に感染しないために
  • 「スパイウェア」に感染しないよう、心当たりのない発信元からの電子メールを不用意に開いたり、安易にフリーソフトをダウンロードしたり、不審なウェブサイトにアクセスしたりしないよう、ご注意下さい。
  • 金融機関を装った偽のCD-ROMの可能性がありますので、心当たりなく送られてきたCD-ROM等をインストールしないで下さい。
  • 最新のセキュリティソフトを利用されることをお勧めします。
  • インターネットカフェなど、不特定多数の方が利用されている場所でのJAネットバンクのご利用はお控え下さい。
JAネットバンクで行っている被害防止策
  • JAネットバンクでは、最近3回のログイン日時を表示します。身に覚えのないログイン・取引がなされていないかこまめにご確認下さい。
  • JAネットバンクでは、あらかじめメールアドレスを登録いただいたお客様に、取引の都度、取引受付通知メールをお送りしています。メールアドレスを登録されていない方は、ご登録をお勧めします。また、メールアドレスを変更された場合も、「お客様登録情報変更」にてご変更いただくようお願いいたします。
  • JAネットバンクでは、1日あたりの振込限度額をお客様が変更できる仕組みになっています。お客様のご利用額に合わせた、限度額の変更をお勧めします。
万が一身に覚えのない取引を発見したら
  • 身に覚えのない不審な取引を発見された場合には、お取引されているJA(平日9:00~17:00)までご連絡下さい。
    ただし、1月1日、2日、3日等の自動化機器の不稼働日は除く。