JAバンクについて

「JA」=「農業協同組合」とは

Japan Agricultural Cooperativesの略称で、「農業協同組合」の愛称です。
農家および地域のみなさまを組合員とする協同組織であり、株式会社のように利潤を追求することを目的とせず、組合員・利用者のための最大奉仕を目指しているところに特徴があります。

JAのモットー

農業および地域のパートナーという「JAならでは」の特性に基づいて、豊かな自然を守り、安全な食料の安定供給に勤め、そして地域社会の発展に貢献する、これがJAのモットーです。

JAマークにはこんな意味があったんだね!

全体として、安定感のあるデザインは、「ゆるぎない大地」「日本の国土」をイメージさせ、三角形は「自然」、Aの部分は「人間」をあらわしています。さらにJの左端の円は「農業の豊かさ」「実り」と「人の和」を象徴しています。

JAグループの仕組み

JAバンクは、地域の皆さまのための身近で便利な金融機関です。

JAバンクとは、JAの信用事業(金融事業)の愛称で、貯金をはじめ、ご融資や、振込・口座振替などのニーズに応えることはもちろん、JAグループ全体のネットワークと総合力で、地域のみなさまにより身近で、より便利なメインバンクとなることをめざしています。(JAは全国津々浦々に民間最大の店舗網を展開しています)

わが国の金融機関

JAバンクは、どなたでもご利用いただけます。

JAの貯金や振込・口座振替等は、どなたでもご利用いただけます。さらに、JAの店舗が所在する地域のみなさまであれば、一定の手続きをおとりいただくことにより、ご融資などのサービスを受けることもできます。

JAバンクシステムとは

全国のJA、信連、農林中金の総合力を結集し、実質的に「一つの金融機関」として活動していく事で、健全性と信頼性を万全なものとし、全国すべての組合員・利用者の皆さまに対し、良質で高度な金融サービスをご提供していくシステムのことです。

JAバンクはグループの力で大きな安心をお届けしています。万全の体制で組合員・利用者の皆さまにより一層の「便利」と「安心」をお届けします。」

JAバンクはグループの力で大きな安心をお届けしています。

万全の体制で組合員・利用者の皆さまにより一層の「便利」と「安心」をお届けします。

JAバンクは、JAバンク会員(JA・信連・農林中金)で構成するグループの名称です。
組合員・利用者の皆さまに『便利で、安全な』金融機関としてご利用いただけるよう、密接な連携をとっています。
ペイオフ、不良債権処理、IT活用による金融サービスの多様化などの環境変化に対応し、喜ばれるサービスをご提供します。

選ばれる金融機関になるための新サービス!

「ローン・メインバンク」として商品を充実

お客さまの資金ニーズに応えるため、住宅ローン・マイカーローンなどの各種ローン商品もご用意しています。

JAネットバンク等のサービス

JAネットバンク(インターネットバンキングやモバイルバンキング)による金融サービスを強化。
IT(情報技術)を活用し、いつでもどこでも質の高いサービスを提供します。

貯金・国債、投資信託などの商品を充実

貯金をはじめ国債、投資信託のご提案など多様な資産運用のお手伝いをします。

生涯のパートナーとして相談業務を強化

資産づくりのお役に立てるようファイナンシャルプランナーを充実。ライフプラン、土地の有効活用、融資、年金などのご相談にお応えします。

いつでもどこでもご利用できる・ニーズに答える+もっと頼れる相談できる→JA・信連・農林中央金庫が一体となってより一層の便利をご提供します

JAバンク・セーフティネットの仕組み

貯金保険制度

貯金者を保護するための国の公的制度が「貯金保険制度」です。JA・信連・農林中金などが加入しており、一般の銀行や信金などが加入している「預金保険制度」と同様の範囲で保護されます。

JAバンク支援基金等

JAバンク独自の支援制度である「JAバンク支援基金」などを活用し、個々のJAによる経営健全性維持のための取り組みに必要なサポート(資本注入など)を行います。
また、JAバンク独自の自主ルール基準を設定し、JAバンク全体で個々のJA経営状況等をチェックし、問題点の早期発見・改善に取り組んでいます。

貯金保険制度+JAバンク支援基金等→「JAバンクシステム」のもと「JAバンクセーフティネット」としてより一層の安心をご提供します。

組合員・利用者の皆さまに、より一層の「便利」と「安心」をお届けするための「JAバンクシステム」に一体的に取組むJAバンク(JA・信連・農林中金)の金融店舗で、各金融店舗に「JAバンク会員マーク」が掲示されています。ご来店の際には、ぜひお確かめください。